オリジナルトウシューズケース

手刺繍で丁寧に仕上げたトウシューズケースです。バレエの演目の『白鳥の湖』をイメージして作りました。

蒸れると早く傷んでしまうトウシューズケースのために綿の布地にこだわりました。

内側は、メッシュ布地で通気性もよく、クッション素材となるキルティングで型崩れを防ぎ、吊るしフックでケースに入れたままトウシューズを干しておけるよう機能性も考えてつくりました。

お友達の発表会や初めてトウシューズを履かれた記念のプレゼントにいかがでしょうか?

憧れの演目やお衣裳をイメージして

友人の娘さんがトウシューズを履いた記念にトウシューズケースを作ってプレゼントした時、とても喜んでいただいたのがきっかけで作るようになりました。娘がトウシューズを履いた記念に娘の憧れの演目「ドンキ・ホーテ」のキトリをイメージしてバラの刺繍をしたトウシューズを作ったところ、娘と同じバレエスクールのお友達の目にとまり、お母さまからコンクール頑張れるように「アレルキナーダ」をイメージして作ってほしいとご依頼いただきました。

レッスンが辛いときもこのトウシューズケースを見れば頑張れたとうれしいご感想をいただき、販売を始めました。

バレエを愛する気持ちが深まる

このトウシューズケースを作っている時、バレリーナになって踊っています。思い出のトウシューズを大切にしまっておくケースとしてもお使いください。

購入はこちらから